本文へ移動

会長挨拶


公益社団法人岩手県栄養士会 会長 澤口 眞規子

 新年あけましておめでとうございます。
 昨年は関係各位と会員の皆様の多大な御支援、御協力をいただき、ありがとうございました。お蔭をもちまして、当会の事業運営も順調に拡大することができ、厚く御礼を申し上げます。今年もまた、御愛顧下さいますようよろしく御願いいたします。
 さて、2024年は能登半島大地震、羽田空港事故と信じがたい事実で年が明けました。
元旦の楽しい家族団らんを一瞬にして奪った地震は最大震度7。多くの尊い生命を奪い、続く余震と困窮する避難者の状況を目にすると、13年前の東日本大震災津波をまざまざと思い出し体が震えます。
 石川県の管理栄養士から届くメールは、窮地そのもの。道路が寸断される中で、支援する人材と要配慮者のための食料確保に奮闘しています。
 岩手県から保健支援チーム、医療支援チームが次々に出発しました。
管理栄養士だからこそできる栄養・食生活サポート(乳幼児・高齢者栄養、栄養コントロール者の支援、食物アレルギー対応、便秘、エコノミー・クラス症候群等々)が求められ、当会としても日本栄養士会からの支援チームとして動くことになるでしょう。
 昨年末に会報の原稿に、2024年の干支は「甲辰」(きのえたつ)。「甲」は十干の「物事のはじまり」をいい、「辰」は万物が成長して「大きな成長」を表す。なんとも縁起が良い年のようですと書きました。それが“嘘”にならないよう、被災に遭った方々が一日も早く生活復興し、また新たな希望の光を見つけて下さるよう心から祈念し、新年の挨拶とさせていただきます。
   令和6年1月8日          

2024年2月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
  • 岩手県行政栄養士研修会
公益社団法人 岩手県栄養士会
〒020-0033
岩手県盛岡市盛岡駅前北通6-50 井上ビル
TEL.019-625-3706
FAX.019-625-3707
TOPへ戻る